【beoメンバー限定】<ウェビナー>アート&デザイン分野世界第2位のロンドン芸術大学(UAL)講師がアドバイス!~出願書類&ポートフォリオ個別相談会~

更新日:7月27日

================

※ beoの留学サポートご利用者 限定セミナーです。

メンバー限定のイベントとなりますので開催直前までに弊社留学サポートをお申込みいただければ、当セミナーにご参加いただけます。留学サポートの詳しい内容やお申込み方法につきましては、カウンセラーよりご案内いたします。お気軽にお問い合わせください。>お問い合わせ

================


アート&デザイン分野で世界2位(QS世界大学ランキング2022)のロンドン芸術大学(UAL)講師&UAL卒業生に、ポートフォリオづくりについて直接ご相談いただけます。

​日程

8月20日(土)10:00-18:00

場所

オンライン

対象者

beoの留学サポートをご利用の方で、2023年度にロンドン芸術大学(UAL)へ進学をお考えの方

​ご用意いただくもの

ポートフォリオ(スケッチブックやコンセプト・リサーチ・プロセスなど)、志望動機書/Written workなど。

※Video Taskの場合はYoutube/Dropbox等にアップロードの上、リンクの共有をお願いします。

募集人数

12名(おひとり様30分)

お申し込み締め切り

​2022年8月8日(月)

*オンラインによるイベントです。ご自宅などどこからでもご参加いただけます。

*期限前であっても定員に達した場合は申し込みを締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。

*ご相談時間については、お申し込み後のお知らせをもって確定とさせていただきます。    

*説明会は英語で行います。


<英国式アート系ポートフォリオ作成のために>

イギリスでは、作品のアイデアやコンセプト、制作に至るまでのリサーチ、作品をどう発展させて完成させたか(デベロップメント)が、完成した作品と同様もしくはそれ以上に評価されます。

日本式のポートフォリオにはこれらの点が足りていないばかりに、イギリス大学からなかなかよい評価がもらえません。


「そうは言ってもよくわからない」、「私の場合はどうしたらいいのか」という声にお応えして、これまでにたくさんのポートフォリオを審査してきたUAL講師による個別相談会を開催することになりました。

ポートフォリオが完成している必要はなく、作品の写真やスケッチブックがあればご参加いただけます。


この相談会では、秋の出願を前に、ポートフォリオの方向性の確認やアドバイスを貰うことを目的としていますので、現時点でポートフォリオが完成している必要はありません。

ぜひこれを良い機会に「たたき台」を作成し、今後のブラッシュアップに役立てていただけると幸いです。


<よくあるご質問>

>ポートフォリオがまだできていないのですが、本当に参加して大丈夫でしょうか?

大丈夫です!今あるもので構いませんのでポートフォリオや、そのほかスケッチブックなどをご提出のうえ方向性の確認や、今後のブラッシュアップのご参考にしてくださいね。


>英語に自信がないので心配です。

担当するUAL講師は、英語教授法資格を保持し日本人への講師経験も豊富です。どうしても自信がないという場合は、通訳サポートも可能ですのでお知らせください。

英語で自分の作品を説明する経験は大変重要ですので、場数を踏むのは大切な機会です。相談会の後はフィードバックシートを別途送付しますので、そちらを確認しながら振り返ることもできますよ。


>本番の審査に影響しますか?

本番の審査には影響しませんのでご安心ください。


<ポートフォリオ担当官>

UALアート講師/UAL卒業生

※確定次第お知らせします。




     お申込み締め切り:8月8日(月)

※日本国内でのインタビューおよびUAL主催の準備セミナーを開催できるのはbeoのみです。