International Introduction to Study of Fashion: Ms. Sawa Tamada

更新日:4月11日



留学レベル:

Pre-degree(大学進学準備コース)

カレッジ:

London College of Fashion

コース名:

International Introduction to Study of Fashion

留学期間:

2020年10月~2021年6月

留学準備について


Q.英国留学を決心した理由やきっかけを教えてください。

ファッションPRの道に将来的に進みたいと考え、そのコースがある大学を調べていてUALに興味を持ち、実際現地に見学に行って決心しました。


Q.留学準備で大変だったことはありましたか?

ポートフォリオの準備が大変でした。


コースについて

オンライン授業の様子
オンライン授業の様子

Q.コースの様子についてお聞かせいただけますか?

授業時間:週ごとに変動しますが提出物がない時は、 月曜日(対面授業 14:00~17:00) 火曜日(オンライン授業 10:00~13:00 & 14:00~17:00) 土曜日(オンライン 10:00~13:00) というスケジュールでした。


授業の特徴:課題はdevelopment(プロセス)も見せるため、失敗作と思うものも提出します。


クラス(学生数・国籍など):コロナの影響で少人数制だったため、1クラス10人くらいでした。


チューター:チューターは皆さん親切でおもしろかったです。

オンライン授業で良かったこと:コロナの感染リスクが減ることに関して安心感がありました。


オンライン授業で残念だったこと:同級生との過ごす時間が圧倒的に少なかったことがやはり残念でした。


学校の施設や設備:コロナであまり学校に行く機会がなかったので、全て把握しきれていません。


全体の感想:チューターの方達も魅力的な方が多いので、対面授業が増えればもっと得るものが多かったと思います。


ロンドン芸術大学に留学をしてみて…


Q.International Introduction to Study of Fashion(IISF)をお勧めしますか? お勧めする場合はその理由も教えてください。

ファッションやアートを全く学んだことがない方にはもちろんお勧めしますが、コースにはファッションもしくはアートの勉強をすでにしている方がほとんどでしたので、経験者の方にもお勧めです。また、周りから刺激を受けられる環境もお勧めする理由の1つです。


Q.これからロンドン芸術大学に留学を考えている方へのアドバイスやメッセージをお願いします!

私も出願前は「ポートフォリオって何?」というところからスタートしました。でも、beoの担当カウンセラーの方からのアドバイスをもらえたこと、留学フェアで実際にUALの先生からフィードバックを頂けたことはとても大きかったです。

入学後の授業でつまずかないためにも、英語の勉強は事前にしておいた方が無難かと思います。挑戦を恐れず頑張ってください!


コースで制作された作品を送付いただきましたので、いくつかご紹介します。


卒業作品の一部でコロナが世界中で流行りだした後に急増したアジア人差別と女性の活躍推進を題材としたzine。

 

ロンドン芸術大学日本担当官よりメッセージ:

Tamadaさんは、インターナショナルスクールに通われていたこともあり英語が堪能でいらっしゃいましたが、学校でファッションを学ぶ機会がないこともあり、ポートフォリオ作成はとても苦労されていたようです。体験談でも触れられているように、UALの先生が来日された際に開催されたポートフォリオ相談会やそのほかのイベントにも積極的に参加されて、どんどんポートフォリオが良くなっていったのを覚えています。


2021年度はロックダウンにより途中から授業がオンラインへ移行しましたが、その中で体験したことを見事にプロジェクトに落とし込まれていて、1年間で更にぐんぐんと成長されたのを拝見できてとても嬉しく思います。Tamadaさんは、London College of FashionのBA Fashion Public Relations & Communicationsへご進学されます。今後のさらなるTamadaさんの活躍を楽しみにしています!